ふくしまの空から

ARTICLE PAGE

第3第4の悲劇♥北海道鳥見旅~8


旦那さんのダニ切除手術から6日が経過し、明日は苫小牧の病院でいよいよ抜糸です(-_-;)


宿泊した、道の駅しらぬか恋問の目の前、国道38号線を挟んだところにある

恋問自然観察公園からは、朝に夕に可愛い野鳥の声が聞こえるので、行ってみました。

ノゴマさん
nogoma_20180825.jpg

ノビタキ メスちゃんのドヤ顔が、、
nobitaki1_20180825.jpg

ノビタキちゃんの 幼鳥さん
nobitaki2_20180825.jpg

オオジュリン メスさん
oojyurin_20180825.jpg


エゾセンニュウが鳴いていた、原生花園に未練があったので、ここを離れる前によってみました。

エゾセンニュウはそちらこちらで、それもすぐ目の前で鳴いていましたが、
結局最後まで見ることは出来ませんでした。

コサメビタキちゃん
kosamebitaki1_20180825.jpg

コサメビタキ 幼鳥さん
kosamebitaki2_20180825.jpg

エゾムシクイさん
ezomusikui1_20180825.jpg

またまた、真っ赤なベニマシコさん
benimasiko1_20180825.jpg

最後にトイトッキ原生花園を、もっと浜の方まで、、と、車でで入って行きました。
道はあるような無いような感じでも、うっすら草が生えていたので、旦那さん、油断して進んでしまい、

気が付いたら砂浜にタイヤをとられていました( ;∀;)
タイヤは空転するばかり、、

第3の悲劇 (-_-;)(-_-;)(-_-;)
今度こそロードサービスを呼はなくてはならないかと、、
さすがにスマホのアンテナが立っているか確認しました(;^_^A

その前にできることを、、
進行するタイヤの軌道を、固い砂が出てくるまで掘り、、堀り、、堀り、、掘り、、タイヤ4本分。(^-^;

今度は運転は私で、押すのは旦那さんです。

恐る恐る、バック。
少しずつバック。

何とか脱出成功!!

もう一目散に国道まで戻りました。


それでも抜け目無く、移動の間に見た、、、鳥さん↓ (;^_^A

高原モズと呼ばれる モズさん
kougenmozu_20180825.jpg

ニュウナイスズメの幼鳥ちゃん。
nyunaisuzume_20180825.jpg

今夜の宿泊先、道の駅しほろ温泉に到着し、お風呂に。

お風呂から出てくると、旦那さんが、体に何か付いていると、、
「え~~~っ、またダニ~~~~!!!」

第4の悲劇 (-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)

明日、以前の傷の抜糸をしながら、もう一度ダニ切除手術ですね (´・ ε・`)

ダニは、ウトナイ湖で拾ったダニが、衣服に付いていて車中に落ちたのだと思われます。
一週間近く、車中で生きていたのですね(-_-;)

次の日、苫小牧で、
車の中の大掃除。
コインランドリーで衣類の洗濯。

ここまでは、のんびり気の向くままの旅でしたが、急遽、その後は予定を決め、
日程の全てをホテルに宿泊することにしました。


Comments 6

さゆうさん  

おはようございます。
マダニを切除で撮りだしたんですか、それは飛んだ災難でしたね。
私は、登山や山野草の撮影時には必ず一番安いポケットウイスキーを持って行きます。
これはダニが皮膚に潜り込んだ時にしようするものです。
潜り込んで2~3日してからの効き目は解らないですが、その日の内に体全部が入り込んでも
脱脂綿かテッシュにウイスキーを浸して患部に当てます。
5分くらいで、後ずさりして皮膚から出てきます。
長くて10分も当てていると間違いなく出てきますよ。
今まで5回刺さり込んだ事が有りますが全てその方法で対処しました。
日本酒、焼酎ではだめんです。実験しましたがダメでした。
易いウイスキーがいいんですね。理由は解りません。
マメ情報でした。

2018/08/26 (Sun) 07:51 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

さゆうさんへ

こんばんわ!
ダニの対処法、伝授ありがとうございます。
安全に取り除くことが出来る方法ですね。
ウイスキーは、遠征の際は必ず持っていくことにします。
今後はダニに付かれないように、もう少し注意して散策します。(^-^;

2018/08/26 (Sun) 18:15 | EDIT | REPLY |   

AzTak  

(ФωФ)フフフ・・・、ついていない時はこういうものなんでしょうか。それにしても恐るべきダニの生命力。
いわきで山野を駆け回っていた時には経験したことがありませんでしたが、さすがは北海道の大地なんでしょうかねえ。北見のおっさんもダニの話などしたことがなく、たまたま運が悪かったとしか思えません。今度行くときは防備を完全にして後悔しないようにしなくては。

2018/08/27 (Mon) 07:16 | EDIT | REPLY |   

freeman  

数々の試練を乗り越えての北の大地、なんだか人生の縮図のようなお話ですね。私も常々思ってることですが、アクシデントは誰にも必ずある、問題はその時にどうやって解決するかの知恵が大事、などと事あるごとに子供へ言っています。

2018/08/27 (Mon) 09:00 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

AzTakさんへ

こんばんわ!
時期もあったのでしょうけれど、蛾も驚くほど見ました。
見えないところにいる虫(ダニなど)も、さぞかしたくさんいたことと想像します。
雄大な自然にいる鳥さんや動物を、楽しく観察しましたが、
その自然の中には、ヒグマや毒虫など、油断してはならないものもいたことを、再認識しました。(^-^;

2018/08/27 (Mon) 18:19 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

freemanさんへ

こんばんわ!
車の件も、ダニの件も、注意不足が招いた災いでした。
この経験を忘れずに、これからの活動でも、ある程度危険を回避できる
ように、予測と注意をすることを心掛けたいと思います。
予測できないことが起きた時の冷静な対処、、、、ほんと、生きて行くのに大切なことですね。

2018/08/27 (Mon) 18:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply