ふくしまの空から

ARTICLE PAGE

頑張れ! お母さん


北海道に上陸したら、涼しい~~~!

この風景を撮影した時は、その後に起きるトラブルなど知る由もなく、
北国の鳥さんとの出会いに胸をふくらませている私たちでした、、、、(^-^;
jyagimonohana_20180730.jpg







地元のため池のカイツブリ親子

対岸が遠すぎて、久しぶりにデジスコを持って行って撮影してみましたが、
どんなに頑張っても遠すぎでした、、(^-^;
kaituburi1_20180730.jpg

一日目に行ったときは、二番子を抱卵していたように見えましたが、
次の日に見に行くと、巣が水没しかかっているようで、
新しい巣を作るためか、
ヒナの面倒を見ながら、素材集めをしていました。
抱卵中の卵はどうなったのか、心配です。

ヒナちゃんは4羽いるようです。
kaituburi2_20180730.jpg


kaituburi3_20180730.jpg

お母さんの背中に、皆で潜り込んでいるのかな?
kaituburi4_20180730.jpg


kaituburi5_20180730.jpg

お母さんに潜り込む、ヒナちゃんのおしりだけ見えて、、必死さが可愛い(^^
kaituburi6_20180730.jpg


河口付近の公園の駐車場の脇の草むらに、ヒバリさんが営巣していました。
よりによって、車の出入りも多く落ち着かない環境なのに、、、

とても暑い日でした。
一生懸命、何度もヒナに餌を運んでいました。 (見づらい写真ですみません)
hibari1_20180730.jpg

お母さんも、ひなたちも暑そうです。
思わず 「頑張れ!!」 とつぶやいてしまいました。(^^
hibari2_20180730.jpg


hibari3_20180730.jpg

Comments 2

AzTak  

デジスコの威力はかなりのものがありますね。探鳥ツアーに参加して、どうやって鳥を撮ったら良いのか、すごく悩んでいます。

2018/08/04 (Sat) 06:51 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

AsTakさんへ

こんにちは。

小さな鳥さんは、見つけるのは大変に困難ですよね。

鳴いている鳥さんなら、その方向に目を凝らして見て、そのあたりに少しでも動くものがあれば、
さらにそこに目を凝らして見るようにしています。

探鳥会などの場合は、誰かが鳥さんを見つけると皆一斉にその方向にレンズを向けるので、
その方向を探して見るようにしています。

他の方が見つけた鳥さんを、自分が認知するのはとても難しいので、
自分で鳥さんを見つけるのが一番良いと思います。
ほんとうに、鳥さん、小さくて見つけるの大変ですね( ;∀;)

見つけた鳥さんを、飛ばれる前に撮影することも、大切と思います。
素早くレンズに鳥さんを入れる練習をすることを心掛けています。
(お恥ずかしいのですが、私の場合、手持ちで撮影時もドットサイトを使用しています(;^_^A)
慣れればドットサイトなしでも素早くできるようですが、私はまだまだ修行不足です(~_~;)

いつかAsTakさんと、探鳥ご一緒できるといいですね(#^^#)

2018/08/04 (Sat) 13:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply