ふくしまの空から

ARTICLE PAGE

蓮田の タカブシギ


宿から霞ヶ浦までの道のりの間に見つけた蓮田に、寄ってみました。

農家の方の邪魔にならない場所に車を駐車し、

初めて見る、本格的な蓮田ですが、まだ緑の葉もちょっとしか見えません。

蓮の花が一斉に咲く時期に、もう一度見に来たいと思いました。



広々とした田んぼを眺めながら、少しだけ歩いてみたら、

パッと飛んだ鳥さんが見えました。

シギさんです。

写真を撮ってから、図鑑で見ると、タカブシギの様でした。
takabusigi5_20180508.jpg


takabusigi2_20180508.jpg


takabusigi1_20180506.jpg


takabusigi3_20180508.jpg


takabusigi6_20180508.jpg


takabusigi7_20180508.jpg


takabusigi8_20180508.jpg


takabusigi9_20180508.jpg


次の日、涸沼に出発する前に、タカブシギの居た蓮田の近くを

車の中から見てみると、ジシギが、忍者のように潜んでいました。

カメラのレンズを通して見て、ようやく鳥さんとわかりました。
tasigi_20180508.jpg


車が通ってもジシギは飛んだりしませんでしたが、

人が通ったとたん、十数羽のジシギが飛び立ちました。

いつもは、1度には2羽か3羽くらいしかシギを見たことが無いので、びっくりです!



蓮田を散策して、悲しいことに出会いました。

作物を鳥から守るためと思いますが、田にネットが張ってあります。

色のついたネットもありますが、見えづらい透明のネットもあります。


車で走っていて、透明のネットに絡まったまま死んでいるシギさんと、

カモさんの姿
が目に入ってしまいました。

その道は、宿から田んぼに通う度に通る道で、3度通りました。

2度目も3度目も目を逸らしていましたが、とても辛かったです。

蓮田の散策は、楽しいことばかりではありませんでした。

seen_hukei_20180508.jpg

茨城県
スポンサーサイト

Comments 4

AzTak  

昔は霞網なんて言うものもありましたね。違法なのに、まだかかっていました。見つけたら、網が使えないようにしておきました。
農家の防御策も致し方ないことではあるのでしょうかね。

2018/05/09 (Wed) 06:07 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

AzTakさんへ

こんにちは(^^

防鳥ネットも網の目の大きさやら、いろいろ種類もあるようなので、
今回見た網が霞網に該当するものかは不明ですが、、、

許可が下りている網でも、まれには鳥が掛かることもあるのでしょうね。
どちらにしも、痛ましいことですね(/_;)

2018/05/09 (Wed) 13:12 | EDIT | REPLY |   

梟(フクロウ)  

こんばんは フクロウです。
「ハス田の防鳥網にかかって死んでる野鳥たち」・野鳥5月号(日本野鳥の会発行)
霞ヶ浦周辺のハス田に関する調査記事を先日読んだところです。
日本野鳥の会茨木県が主となり、関係先と解決策の協議を重ねてるそうですが、
まだ解決には至らず、約2000羽/年の野鳥が死に続けてるそうです。
効果的な対応策を提案するも、受け入れられていない。
①レンコンの収穫後(秋~春)は網を外す。 
②野鳥が侵入できないように網を設置する。
私は網にかかった野鳥が生きている場合は、主の了解を取り付けて野鳥を救助するようにしています。


2018/05/22 (Tue) 22:36 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

フクロウさんへ

こんばんは(^^)
鳥や野生の動物たちは、逞しく愛らしく、私達を和ませてくれます。
が、時に悲しい辛いシーンに出会うこともあります。猛禽が小さな生物を狩るのは自然の営みなので、見れば心は痛みますが、仕方がないことと思うようにしています。

この網にかかり亡くなる鳥さんについては、また別な辛さがありますね。
人間が何とか考えて回避出来ることなら、実行して欲しいですね。

私の地元では、釣り糸が絡んだ水鳥を、何度か見たことがありますが、手の届かない所にいるので、鳥獣保護センターに連絡するくらいしか出来ず、歯がゆいです。
人がもう少し注意すれば防げる事故もあるので、とても残念な思いでいます。

2018/05/23 (Wed) 00:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply