ふくしまの空から

ARTICLE PAGE

農村の春

今日は、旦那さんが好きなまんじゅうを買いに行きながら、まんじゅう屋さんの近くの農村を散歩することにしました。
まんじゅう屋さんは、残念ながら閉まっていて、旦那さんかガッカリ💧

でも!
まんじゅうの代わりに、旦那さんは、キセキレイのご褒美をもらいました。いいなあ〜!

水の張られた水田には、待ってましたとばかりの、蛙の声。

農道を歩けば、ヤマフジが風にゆらぎ、道端の小さな花が迎えてくれた。

水辺のガマ穂も、午後の光に輝き、

できたての、ヤマザクラのサクランボは、すこしだけいろづいている。


fuji20160507.jpg


nonohana20160507.jpg

gamaho20160508.jpg

sakuranbo20160507.jpg


渓流にオオルリの声を聞き、
声だけで、顔も見せてくれないオオルリ君に、ちょっと「プンプン」して帰って来ました(*^^*)


いわき市
スポンサーサイト

Comments 2

AzTak  

(ΦωΦ)フフフ…、声も聞こえてこないよりはマシだったのでは。『被写体は近いぞ、頑張ろう』でしょう。

2016/05/09 (Mon) 09:07 | EDIT | REPLY |   

ふくみみ  

そうですよね

> (ΦωΦ)フフフ…、声も聞こえてこないよりはマシだったのでは。『被写体は近いぞ、頑張ろう』でしょう。

会いたいと念じながら通えばいつかは会えますよね。(^^♪
たぶん、きっと。絶対!



2016/05/09 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply