フル装備してみた!

 28, 2016 21:31
しょうもない話で申し訳ないのですが、、、、m(__)m


散歩に大活躍で、愛しのNikon Coolpix P610なのですが
いろいろと、不自由を補うために、フル装備してみました。
ドットサイトとレリーズを強引に取り付けちゃいました。💦

P610_22_20160928.jpg

P610_11_20160928.jpg



Nikon Coolpix P610は、バードウオッチングを始めてしばらくした頃、
ヤフオクで旦那さんに選んでもらい落札したもので
だいぶ使い込んで、愛着がでてきました。

しかし、内部ファインダーが小さく、ターゲットをファインダー内に入れるのが大変なのです。
お若く、目の良い方なら、なんとかなるのでしょうか? う~ん💦
ドットサイトはとても重宝しています。(⌒∇⌒)


しかし、ホットシューも無く、レリーズを取り付けるところもありません。
旦那さんを拝みたおし、
アマゾンから材料を買い込み、何度も思考錯誤を繰り返しようやく完成しました。



使った材料

ETSUMI 撮影用品 ブラケット止ネジDX E-6533
ブラケットとカメラを固定して雲台に載せるための変換ネジ
これ、直径でかくて(6センチ)、雲台に乗せてもカメラが安定しています(^▽^) でも、ちと重いです。
P610_9_20160928.jpg


HAKUBA フリープレート L型 KPT-01
長すぎたので、カットしました。

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI 撮影用品 レリーズ付ブラケット レリーズ/リモートコード ETM-83639
はじめはカメラに、これだけをこのまま取り付けてみたのですが、
Nikon Coolpix P610にで使うには、レリーズの高さが低いことと、
使うたび押す部分の角度やら調整が面倒だったりで、
もったいなかったけど、今回の改造にあたり、上の部分(L字になっている)だけ使いました。(;'∀')

セメダイン 金属用高強度 接着剤 メタルロックP25Gセット AY-123
レリーズの押す部分のパーツをブラケットにキッチリ固定したかったので、
Nikon Coolpix P610専用に調整して金属ボンドで固定。
すごい接着力です!




改造前のレリーズ取り付け部分
P610_7_20160928.jpg 
写真左部の大きなネジでレリーズの角度や高さを調整していたが、面倒なうえに高さが足りなかったので、レリーズを押し切るとシャッターぶれしていた。



改造後のレリーズ取り付け部分
P610_8_20160928.jpg 
レリーズの高さを十分にとり固定しました。

このレリーズ&ドットサイトブラケットは、これでP610専用となってしまいました。
Nikon Coolpix P610が壊れた時は、また同じカメラを購入するしかないのか、、、(;^_^A


しかし!
バッテリー交換や記録メディアを交換する時も、ブラケット一体式になっているので、簡単に装着し直すことが
出来
てイライラが解消されました。




カメラと装備で、900gです。

これに、脚がいっぺんに開く(古い)三脚を組み合わせています。
脚がいっぺんに開く三脚は、セッティングが早くてすごくお気に入りです。
P610_5_20160928.jpg  

しょうもない話を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。💦


いわき市
Nikon Coolpix P610
スポンサーサイト

Tag:いわき市 Nikon Coolpix P610

新しい出会い🐧

 26, 2016 22:42
ちょっと晴れ間が見えたので

いくつかあるマイフィールドで、久しぶりのところを見回りに行ってみました。

田んぼは、もう稲刈りが済んだところもあります。
higan20160926.jpg


新しいシギさんとの出会いもありますが、シギさんは次回にして、

初めての出会いのエゾビタキさん
ezobi20160926.jpg
カワラヒワかセキレイかと思って撮影し、カメラのプレビューでは目がくりくりしているのでコサメビタキみたい、と思っていました。
家で図鑑で見てみると、エゾビタキさんのようです。
春と秋に日本を通過する旅鳥と図鑑には書いてありました。

距離があり、写真が鮮明でないのが残念です。
ezobi1_20160926.jpg

その後、沼へ
何度か行って、いつも誰もいなくてシュンとして帰ってくるのですが
今日はオシドリさんがいました。
oshidori20160926.jpg
夏羽のオス♂ですね。クチバシがピンクだから。

これまた対岸まで100mあるかという距離で、これ以上は寄れません(:_;)
もっと小さい沼なら良かったのに~~!

でも、オシドリさん、いると判れば、冬が楽しみ♪


いわき市

Tag:いわき市 オシドリ エゾビタキ

まったりのフィールド

 21, 2016 14:51
バードウオッチングを初めたのが、今年の初め(冬)だったので、

鳥見は、近くの公園から始めました。
だんだんに少しずつ遠くの公園や遊歩道。
野鳥の森など。

なので、これまでシギさんと触れ合う機会がほとんど無かったので、珍しくて、
最近行くのは、田んぼと浜ばかりです。


でも、浜でも、田んぼでも、どこに行ってもいます。
大好きな サギ達 ♥
やっぱり、カメラを向けずにはいられません!!

河口の近くに、海と川を隔てる水門の、内側(川の方)に、まったりする場所があり、いつも誰かしらは、たむろしています💦


水門の内側には、
アオサギ カルガモ まったり
sagi1_20160920.jpg

シラサギ キラキラ まったり
sagi2_20160920.jpg

シラサギ高見のまったり
sagi3_20160920.jpg

橋の上からカメラを構えたら、カルガモちゃんが飛んじゃいました。 ごめんね💦
karugamo20160920.jpg


水門の外側の海
hune20160920.jpg

釣り人
turibito20160920.jpg


いわき市

Tag:いわき市 アオサギ シラサギ カルガモ

シギシギシギの日々

 15, 2016 22:00
日に日に涼しくなってきて、

ツバメの数も、だいぶ少なくなってきたように感じます。


モズの思い出が沢山の、河口も

ちょっと知らない鳥さんの声が遠くに聞こえ、
ちら、と、コサメビタキかなという感じの鳥さんを見かけましたが、、
ヒヨドリの声がたまに聞こえる程度で、だいぶ寂しくなりました。
あ、ガビチョウの声も、遠くで聞こえました(^_^;)

広い河口の砂浜には、変わらずシラサギ、アオサギ、カルガモがくつろいでいます。(^^




帰りがけ、近くの休耕田に寄ってみると、、シギさんがいました。

シギさん、河口や海岸で、初心者の私でも、行けばそれなりに出会うことができて、とても嬉しいのです。
最近は、シギシギシギ、、三昧です💦

初心者の私には、シギさんの種類を見極めるのは、ハードルが高いのですが、
図鑑で一生懸命探しました。


オグロシギ  (たぶんです(;^_^A)
oguro1_20160915.jpg

親子でしょうか
oguro2_20160915.jpg


oguro3_20160915.jpg


oguro4_20160915.jpg


いわき市

Tag:いわき市 オグロシギ

沼の子供たち(鳥)

 09, 2016 21:42
近所の沼に、早起きして行ってみました。

朝夕の時間を外すと誰もいないことの方が多いので、頑張って起きました。
朝は涼しくて気持ちいいです。


行くとすぐ、沼の子供たちが出迎えてくれました。

でも、まだ眠くて、ピントを合せるのに苦労しながらの撮影。
(訳あってマニュアルフォーカス)


カイツブリ
つい、この間まで、すごく幼くて、母親の後を追っていたのに、台風を二つやり過ごしたら、羽毛はまだフワフワだけど、すっかり大人の顔つきになっていました。
kaituburi2_20160908.jpg


kaituburi1_20160908.jpg

カワセミ
朝日に照らされて白っぽくなってしまいました。
その上、ピンボケ(^^;
kawasemi_20160908.jpg

ヒヨドリ
まだ、顔のあたりの羽毛がぼさぼさ
hiyo_10160908.jpg


沼や、ため池で、よく見かけるキラキラ
(釣り人の忘れ物)
turibari_20160908.jpg

いわき市

Tag:いわき市 カイツブリ カワセミ ヒヨドリ

サーファーと旅鳥

 03, 2016 23:06
台風10号で、被災された地域の方々には、心よりお見舞い申しあげます。




台風も去り、海や水辺も少し落着きを取り戻し、
あの、じかじかお日様も少しやさしく照るようになって来たので、ようやく鳥見活動を再開しました。

サギや水鳥たちの憩いの場、田んぼも台風被害も少なく、美しく黄色味を増してきました。

まず、河口の様子が見たくて行ってみると、
バードウオッチングを始めて、初めて出来たお友達(大先輩)が、やはり河口の見回りなのか、やって来て、
「シギが来ているかも知れないので行きましょう」と、誘ってくれたので、海辺に行ってみました。

夕方の海辺は、ワンちゃんの散歩や、人間の散歩(^^;)の人たちで、そこそこ賑わっていました。

ワンちゃんもいるので、さすがにシギはいないか、、と思いながらも、
まず、双眼鏡で下見。

いました!!
ダイシャクシギ
もしかしているかも、、、程度の期待で行って見られるなんて、とてもラッキーです!

ダイシャクシギは、いわき市では旅鳥で、羽を休めるだけで、見られることもまれであると、先輩から聞きました。

daisyaaku_tobi.jpg
ふくみみの旦那さん、fukujirou撮影

旦那さんと、お友達は、車にカメラと三脚を取りに、
その間、私は、シギの移動を監視。
なので、車の戻るのももどかしく、私はD7000+タムロン150‐600を手持ちで頑張ってみました。💦

シギさんは、あまり神経質でなく、
じわじわ接近法も有効でした(^^♪

三人でじわじわ、シギに近ずく様子は、第三者的には面白いな、、なんて思う、そんな余裕もあります。

残念ながら、夕方手持ちの条件なのでいまいちの写真で残念ですが、、、(:_;)
ダイシャクシギさんは初めて なので、アップロードしちゃいます。

ここから、ふくみみ撮影
daisya1.jpg

daisya2.jpg

足跡も、、、(^^
asiato.jpg

ミユビシギらしき姿も
miyubi.jpg

daisya4.jpg

daisya5.jpg

暗くなって、もう、ここでお休みになるのでしょうか?
そして、旅の途中のこの浜を、明日か明後日には立ってしまうのですね。
daisya7.jpg

明日、明るい光で会いたいから、また明日来ようと思いながら撮影して、



一夜明けて同じ浜へ行ってみましたが、今日は会えませんでした。
もう次の場所へ飛んで行ったのでしょうか。


天気も良く、海がきれいなので、寄り道しながら走っていたら、たくさんのサーファーがいました。
surfer2.jpg

surfer3.jpg

いわきの海も、一時は風評被害で、夏の浜辺もさみしかったけれど、
少しずつ、海好きの人たちが戻ってくれているのですね。うれしいです。

シギさんには会えなくても、明るい気持ちで帰路につきました。

Tag:いわき市 ダイシャクシギ ミユビシギ

WHAT'S NEW?