フル装備してみた!

 28, 2016 21:31
しょうもない話で申し訳ないのですが、、、、m(__)m


散歩に大活躍で、愛しのNikon Coolpix P610なのですが
いろいろと、不自由を補うために、フル装備してみました。
ドットサイトとレリーズを強引に取り付けちゃいました。💦

P610_22_20160928.jpg

P610_11_20160928.jpg



Nikon Coolpix P610は、バードウオッチングを始めてしばらくした頃、
ヤフオクで旦那さんに選んでもらい落札したもので
だいぶ使い込んで、愛着がでてきました。

しかし、内部ファインダーが小さく、ターゲットをファインダー内に入れるのが大変なのです。
お若く、目の良い方なら、なんとかなるのでしょうか? う~ん💦
ドットサイトはとても重宝しています。(⌒∇⌒)


しかし、ホットシューも無く、レリーズを取り付けるところもありません。
旦那さんを拝みたおし、
アマゾンから材料を買い込み、何度も思考錯誤を繰り返しようやく完成しました。



使った材料

ETSUMI 撮影用品 ブラケット止ネジDX E-6533
ブラケットとカメラを固定して雲台に載せるための変換ネジ
これ、直径でかくて(6センチ)、雲台に乗せてもカメラが安定しています(^▽^) でも、ちと重いです。
P610_9_20160928.jpg


HAKUBA フリープレート L型 KPT-01
長すぎたので、カットしました。

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI 撮影用品 レリーズ付ブラケット レリーズ/リモートコード ETM-83639
はじめはカメラに、これだけをこのまま取り付けてみたのですが、
Nikon Coolpix P610にで使うには、レリーズの高さが低いことと、
使うたび押す部分の角度やら調整が面倒だったりで、
もったいなかったけど、今回の改造にあたり、上の部分(L字になっている)だけ使いました。(;'∀')

セメダイン 金属用高強度 接着剤 メタルロックP25Gセット AY-123
レリーズの押す部分のパーツをブラケットにキッチリ固定したかったので、
Nikon Coolpix P610専用に調整して金属ボンドで固定。
すごい接着力です!




改造前のレリーズ取り付け部分
P610_7_20160928.jpg 
写真左部の大きなネジでレリーズの角度や高さを調整していたが、面倒なうえに高さが足りなかったので、レリーズを押し切るとシャッターぶれしていた。



改造後のレリーズ取り付け部分
P610_8_20160928.jpg 
レリーズの高さを十分にとり固定しました。

このレリーズ&ドットサイトブラケットは、これでP610専用となってしまいました。
Nikon Coolpix P610が壊れた時は、また同じカメラを購入するしかないのか、、、(;^_^A


しかし!
バッテリー交換や記録メディアを交換する時も、ブラケット一体式になっているので、簡単に装着し直すことが
出来
てイライラが解消されました。




カメラと装備で、900gです。

これに、脚がいっぺんに開く(古い)三脚を組み合わせています。
脚がいっぺんに開く三脚は、セッティングが早くてすごくお気に入りです。
P610_5_20160928.jpg  

しょうもない話を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。💦


いわき市
Nikon Coolpix P610
スポンサーサイト

Tag:いわき市 Nikon Coolpix P610

WHAT'S NEW?