ふくしまの空から

散歩しながら鳥さんを観察したり撮影したり。 福島県いわき市からお届けします。

鉄道のある風景写真(のようなもの)を撮りに行ってみました(^^ゞ 只見線編

風景写真を撮影の勉強をするって、口ばかりで過ごした数年。💦

真似事の、「鉄道のある風景写真」を撮る目的で、出掛けて来ました。


私の住む町からは、常磐線の線路も離れているし、

踏切の音も、踏切を通る列車の音も、めったに聞くことはありません。

なので、列車を見ると、子供みたいに少し嬉しいのです。


たまに、綺麗な風景の中を走る列車を見たいなと思い、季節が良くなると出かけて行きたくなります。

知識も無いので、鉄道写真を撮っている皆さんの写真や、撮影スポットを参考にして出かけます。

まずは真似ごとから、、、(#^^#)です。


飯豊連峰と只見線  会津美里町
只見線4_20200700
この場所は、鳥さん用のレンズでも行けたので、鳥用のズームレンズワイド端にセットして待機。

JR只見線も、3月よりキハ40系からキハE120形へ変更 されたそうです。

磐梯山を背景に、田園風景を走る只見線  会津坂下町
只見線5_20200700


只見線6_20200700


待ち時間に遊んでくれた、オオヨシキリさん
ooyosikiri_20200700.jpg


高台から見る只見線  会津坂下町

望遠端75mmのレンズでは、画角が大きすぎて、大きくトリミング
(ここからは参考画像という事で、、(-_-;))
只見線03_20200700
70mm~200mm前後までカバーするズームレンズ欲しい、、


只見線01_20200700


次回、秋に行くときは、ちゃんとレンズを用意して行きます!! (固く決意)
只見線02_20200700


田園風景
会津風景_20200700


綺麗な胸元が見たかったな・・ホオアカさん

前に、セッカちゃんを見に行ったところに再度行ってみました。

あまり会えなかったホオアカさんをもう一度みたいなあ、って。

ホオアカさんは、この辺りで繁殖しているので、たぶん時々虫をくわえて出て来てくれる、かも。


来たね~~(^^

元気にさえずっています。
hoaka1_20200626.jpg


hoaka2_20200626.jpg


水浴びして来たばかりなの?
綺麗な胸元が見たかったのに、羽毛が少しくしゃくしゃね。
hoaka3_20200626.jpg


ホオアカさんの、メスとオスの見分け方は、体の大きさと体の色の濃淡で見分けるそうですが。
たくさんの個体を見て、もっと修行を積めば、ホオアカさんのメスオスを見分けられるようになれるかな?(#^^#)

いつか見た、胸元の模様が美しいホオアカさん。(2018年)
hooaka01_20180827.jpg


カワラヒワさん

夏は、畑まわりや林道でたくさん見かけます。

手前は、若鳥かな? 目がクリクリで可愛いね。
kawarahiwa1_20200626.jpg


kawarahiwa2_20200626.jpg


セッカちゃん。  遠いけど、可愛くてついシャッター押しちゃいます。
settka_20200626.jpg

飛んでいる姿は華やかなのね、ヨシゴイさん

ヨシゴイさん。

夕方近くに寄ってみたので、少しの時間、ヨシゴイさんがいるか待ってみました。

葦の中に入る姿が見えたので、そこをじっと見ていると、少しづつ上がってきました。(^^

そして、、、

一回だけ、飛び出しを見ることが出来ました。

yosigoi1_20200701.jpg


yosigoi2_20200701.jpg


飛んだ姿は、華やかに見えますね。
yosigoi3_20200701.jpg


yosigoi4_20200701.jpg


yosigoi5_20200701.jpg


yosigoi6_20200701.jpg

簡単更新でした。(#^^#)

鉄道のある風景写真(のようなもの)を撮りに行ってみました(^^ゞ

新型コロナの移動制限が解除になったので、

どこかにお出かけしようと、悩んだあげく、、

会津地方の田園地帯の風景を見ながら、鉄道の写真を撮りに行くことにしました。

会津地方は、県内ですが、いわき市からは茨城より全然遠いんですよ(^-^;

(鉄道の知識は全く無いので、そこのところはご容赦下さい。m(__)m)


磐越西線 一ノ戸橋梁を走る列車 (会津喜多方町)
磐越西線1_20200629

磐越西線は車両が、令和2年3月からキハ40系列から、新型電気式気動車GV-E400系になったそうです。

ずいぶん渋い色の車両ですね。


後になって、下見をちゃんとして、違うアングルで撮れば良かったと大後悔です。(-_-;)

レンズも面倒がらず、もう1本持って来れば良かったと、後悔でいっぱいの初日でした。


何人かいた撮り鉄さんが、みんな帰った後、鳥さんが来ないか待っていると、

可愛い乗り物が橋梁を通って行きました。

後で調べてみると、軌道自動自転車というもののようです。

保線ウィキより↓

軌道自動自転車とは、軌道自転車にエンジンを装着したもので、線路上を走行して保線の係員が目的地まで移動するために使用されている軌道用諸車のことである。別名、「レールスクーター」、「レールスター」とも呼ばれていて、地域によっては「ビス」とも呼ばれている。
磐越西線2_20200629


保線の係員さんが二人乗っていました。

開放的で、なんか遊園地の乗り物みたい、、、でもお仕事中ですね!
磐越西線3_20200629


移動中、田んぼ添いの県道を走っていると、オナガの群れが地面に降りて採餌していたので、

旦那さんに無理を言って停めてもらい、大急ぎて撮影、、しようと思ったら、カメラのバッテリーが

切れてしまいました。

駐車する場所が無く、遠くに車を駐車したところまで戻り、満充電のバッテリーを入れ、

さあ、、、

あらら~~~、、たくさんいたオナガさんが、数羽しかいません(T_T)


オナガさんは、高い杉の木にいて、下から、、
onaga1_20200629.jpg


ようやく飛んでとまったのは、遠い木
onaga2_20200629.jpg

オナガさん、いっぱい撮りたかったよ~~~(/_;)


この日は会津地方36度という猛暑日でした。

暑そうなモズさん
mozu_20200629.jpg


コムクドリさんも、口を開けて、暑そうです
komukudori_20200629.jpg


ムクドリファミリー
mukudori_20200629.jpg

鳥さんの楽園のように、この場所に、何種類もの鳥さんが群れでいました。 すごいなあ。

もっとゆっくり撮りたかったけど、遠くで車で待っている旦那さんが気がかりで、

後ろ髪ひかれながら撮影終了しました。(:_;)

続きます(#^.^#)

森のサンコウチョウ

サンコウチョウさんも、到着してだいぶ落ち着いた頃。

思い腰を上げて、サンコウチョウさんに会いに行ってきました。


可愛いサンコウチョウさんには会いたいけれど、

サンコウチョウさんがどのあたりで活動しているか、

歩きながら耳を澄ますことから始めなくてはならないので、ちょっと気合を入れて行かなくてはなりません。


一日目は、声だけを聴いて、ちらっと姿を見ただけでした。

二日目、なんとなく活動しているあたりが分かったので、静かにじっと待って撮影しました。


逆光写真が多くて、見づらく申し訳ありません💦

sankocyo001_20200627.jpg


sankocyo002_20200627.jpg


何度聞いても可愛い鳴声、、💛
sankocyo003_20200627.jpg


オスちゃんは、いっぱい飛んでくれましたが、

メスちゃんは、なかなか姿を見ることが出来ませんでした。

ほんの一瞬飛んで来てくれました。
sankocyo004_20200627.jpg


sankocyo005_20200627.jpg


sankocyo006_20200627.jpg


sankocyo007_20200627.jpg


sankocyo008_20200627.jpg